吉永小百合と天海祐希が共演した最新作映画「最高の人生の見つけ方」はリメイクされるほど優秀な作品

こんにちは。

吉永小百合と天海祐希が最新映画で
共演しちゃってます。

映画のタイトルは
「最高の人生の見つけ方」です。

吉永小百合と天海祐希の共演は18年ぶり
だそうです。

ということで今回は

  • 吉永小百合と天海祐希が18年ぶりに共演した最新作映画
  • 最高の人生の見つけ方はリメイクって本当?
  • 最高の人生の見つけ方の舞台挨拶の様子

について紹介します。

吉永小百合と天海祐希が18年ぶりに共演した最新作映画

吉永小百合と天海祐希が18年ぶりに共演した
最新作映画「最高の人生の見つけ方」
が話題になっていますよね。

ん!?ちょっとまってと
気になった人もいると思います。

18年ぶりって、そんな前に
吉永小百合と天海祐希が共演したことがあるの?

私も実はそう思いました。

お二人が共演したのは
「千年の恋 ひかる源氏物語」
この映画は2001年12月15から
公開されました。

東映が創立して50周年の節目に制作され
ハリウッドでワールドプレミアも敢行した
第20回ゴールデングロス賞最優秀銀賞
を受賞した作品です。

吉永小百合さんは「紫式部」役で
天海祐希さんは「光源氏」役で
出演されています。

劇中では
天海祐希さんと常盤貴子さんの濡れ場が
話題になりましたよね。

今回、共演されるのは18年ぶりで
さらにお二人とも主演という役回りも
一緒です。

吉永小百合さんは
「大好きな天海祐希さんとスクリーンを飛び跳ねたい」
と上演が開始されるのを心待ちにしていたそうです。

そんな吉永小百合さんは今作が自身の
映画出演「121本目」ということですが
相変わらずの安定した演技ぶりなんでしょうね。

一方、天海祐希さんは18年前に
千年の恋 ひかる源氏物語で共演した時に
「次回はロードムービーをとりたいですね」
と話していたそうで念願がかない
出演のオファーが来たときはとても
喜んだそうですよ。

天海祐希さんは吉永さゆりさんのイメージとは違い
かっこいい女性というイメージなので
今回の社長役はぴったりなのではないでしょうか
実際に7年連続で「上司にしたい女性ランキング1位」
を獲得されているので映画を見る私たちにしてみれば
スクリーンに映っている彼女の役どころに
たちまち引き込まれるのは間違いなしです。



最高の人生の見つけ方はリメイクって本当?

天海祐希と吉永小百合の最新作映画
「最高の人生の見つけ方」は実はリメイクって
知っていましたか?

最高の人生の見つけ方は2007年に
アメリカで作られた映画のリメイク版と
いうことなんです。

アメリカで上演された
最高の人生の見つけ方は

主演
ジャックニコルソン
モーガンフリーマン

で送る物語です。

吉永小百合,最新,映画,最高の人生の見つけ方

主演が男性か女性かという大きな違いが
まずあります。

内容的には、
大企業の社長でお金持ちのジャックニコルソンと
自動車整備工場で働くモーガンフリーマンが
ガンと診断され余命が6か月ということを
知ります。

モーガンフリーマンには家族がいましたが
ジャックニコルソンは実業家で家族も
真の友人という存在もいない中、
モーガンフリーマンが死ぬまでにしたことリスト
を作っていることを知ったジャックニコルソン
がお金にものを言わせて
「死ぬまでにしたいことリスト」を
一つずつかなえていくという人間味あふれる
名作です。

私、映画が好きなんですが
モーガンフリーマンが出ている映画は
基本的に鉄板ですよね。

最高の人生の見つけ方以外にも

  • ショーシャンクの空に
  • アウトブレイク
  • コレクター
  • セブン
  • ディープインパクト
  • ウォンテッド
  • ルーシー
  • ラストベガス

など主演でも主演以外でも彼がいる
映画はいいですね(*´ω`*)



最高の人生の見つけ方の舞台挨拶の様子

最高の人生の見つけ方の舞台挨拶は
10月11日に行われたようです。

舞台挨拶では

  • 吉永小百合
  • 天海祐希
  • ムロツヨシ
  • ももクロ

が参加して行われたようですね。

最高の人生の見つけ方の舞台挨拶の映像が
シネマトゥデイがyoutubeにアップしてたので
気になる人はご覧ください。

ムロツヨシさんが中心になって
しっかりと劇場をもりあげてましたよ!!

ムロツヨシさんがいじられ放題です・・・・



まとめ

吉永小百合と天海祐希が18年ぶりに共演した
最新映画「最高の人生の見つけ方」は
リメイクされるほど秀逸なストーリーです。

ハリウッド版をご覧になってなくても
楽しめると思います。

人生に思いのこしがないようにしないとなぁ!

と自分の人生を生きているか
考えさせられます。

是非、劇場に足を運んでみてください。