敬老の日は何をする?長寿を祈願した食べ物や食事 献立の立て方とは

敬老の日ってそもそも何をするの?

 

って疑問を持っている人は
多いのではないでしょか。

 

敬老の日は何の日なのか知ることが
できれば何をすることが良いのか
わかりますよね。

 

そこで、
敬老の日な何をする日なのか
調べてみました。

 

敬老の日って何をする日なの?

敬老の日は昭和23年7月20日に
制定された祝日です。

 

内容としては、

 

「社会に長年に渡り貢献した
老人を敬い長寿を祝う事」

 

となっています。

 

以前は9月15日が敬老の日として
固定されていましたが、
2003年からは
9月の第3月曜日を敬老の日として
制定しています。

敬老の日に何をする?

という疑問が多いですが、
実は簡単で

 

”老人を敬い長寿を祝う”

 

というのが敬老の日にすることなんです。

 

敬老の日に色々と贈り物を考えている
人もいると思いますが、
感謝や長寿を中心に贈り物を
選べば本来の敬老の日の意味を
満たすことができるのではないでしょうか。

 

また、おじいいちゃんやおばあちゃんに
お孫さんがいる場合は、
敬老の日はお孫さんからの手作りプレゼントも
喜ばれるようです。

 

お孫さんの手作りプレゼントに関しては
こちらの記事を参考にしてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓

敬老の日は手作りプレゼントで決まり!孫が贈るランキングはこちら

 

自分の父親や母親に
敬老の日の贈り物をするのでしたら
長寿をテーマに考えてみてください。

 

次の章では、
長寿をテーマにした
食べ物を紹介します。

 

 

敬老の日に最適な長寿の意味を持つ食べ物

敬老の日は長寿を祈願する日ということは
前の章でお伝えしました。

 

では、
長生きできると言われている食材には
どのようなものがあるのでしょうか?

 

長生きできると言われている食材で
敬老の日の贈り物にできそうな
食べ物を調査しました。

 

【緑茶】

緑茶に含まれるカテキンには、
心臓を守る効果があると言われています。

 

あるデータでは1日に500ml以上の緑茶を
飲む人は心臓発作などの心臓疾患のリスクが
大幅に低くなるということです。

 

 

【ナッツ】

 

ナッツ類には、

・良質の脂肪酸
・良質のタンパク質
・ビタミンE
・ビタミンB群
・食物繊維
・カルシウム
・マグネシウム
・亜鉛
・カリウム

などの栄養素が含まれています。

 

実は、この栄養素は
どれもが

・心臓の保護
・血管の保護
・ガン予防
・抗酸化作用
・抗炎症

などの効果をもちます。

 

【ワイン】

 

 

オランダでは、
次のような実験結果があります。

 

ワインを全く飲まない人より
少量でも飲む人のほうが
最大で5年ほど長生きした。

 

また、他の種類の酒を飲む人よりも
最大で2年半ほど長生きした。

 

このデータを観ることでわかることは
お酒を敬老の日にプレゼントするなら
日本酒や焼酎をプレゼントするより
ワインをプレゼントしたほうが
良いといえる。

 

また、敬老の日を期に
普段のむお酒をワインに変更してもいいでしょう。

 

スーパーなどで
意外にワインって安く売ってます。

 

 

【コーヒー】

 

コーヒーを1日2杯を目安に飲めば、
心臓疾患や呼吸器疾患を予防する
効果が期待できます。

 

また、近年の調査で
コーヒーにはうつ病や
女性の皮膚ガンのリスクを軽減したり
アルツハイマー病の症状を
遅延させる効果があるとされています。

 

 

【チョコレート】

 

チョコレートの原材料の
カカオには、

 

・カカオポリフェノール
・カカオプロテイン

 

という成分が含まれています。

 

カカオポリフェノールには、

 

・血圧低下
・動脈硬化予防
・抗ストレス
・美容効果
・アレルギーの改善
・脳機能の活性化
・便通の改善

 

など長寿に必要な効果が
多く期待でいます。

 

 

【くるみ】

 

るみは悪玉コレステロールを低下し
血栓や心臓疾患のリスクを軽減し、
骨粗しょう症の予防などが期待されます。

 

 

その他にも、

・オリーブオイル
・ぶどう
・ブルーベリー
・鮭
・干し芋
・にんにく
・アボカド
・ほうれん草

など実に多くの長寿食材があります。

 

この中からでもいいですし、
新たに調べてでもいいので
敬老の日には長寿にポイントおいた
贈り物をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

敬老の日の食事の献立のイメージは・・・

敬老の日の食事の献立のイメージは、

ズバリ

”長寿!!”

ですよね。

 

前の章でも触れた食材を使った
献立を考えてみてはどうでしょうか。

 

その他にも、
長寿をイメージさせる
・えび
・タイ
などをメインの食材として使っても
いいかもしれません。

 

お年寄りなので
あまり多くの料理を作らずに
献立の基本通り
”一汁三菜”
でいいと思います。

 

例として、

 

主食⇒鮭が長寿食なので
”鮭の炊き込みご飯”

 

汁物⇒全体の彩りを考えたお吸い物

 

主菜⇒縁起が良い鯛をつかって
”鯛の塩焼き”

 

副菜⇒くるみが長寿食なので
”ほうれん草のくるみ和え”

 

副菜⇒アボカドが長寿食なので
”アボカドサラダ”

 

このような考え方で良いと思います。

 

食べる前に長寿を祈願して作ったんだよ
と伝えるだけで喜んでもらえるはずです。

 

 

まとめ

敬老の日は老人を敬い長寿を祈願する日です。

様々な方法で長生きしてもらいたい
と伝える方法があると思います。

 

この記事が少しでも参考に
なればと幸いです。

 

食材や食事について、
記事をかいてみましたが
私達も日頃から健康について
もっと考えていかなければいけないと
思いました。

 

長寿食材を使って敬老の日は
食卓を彩りましょう。